>

気を付けるべきポイント

この記事をシェアする

基本中の基本と言える

挨拶はお店のスタッフだけでなく、社会人として基本だと思ってください。
そのため挨拶ができていないと、信頼を失ってしまいます。
お客さんから信頼されるように、ハッキリと大きな声で挨拶をしましょう。
自分は挨拶をしたつもりでも、お客さんに届かなければ意味がありません。
またお客さんがお店に入った時に、最初に聞くのがスタッフの挨拶です。

ですから挨拶は、お店の印象を決める重要な存在と言えます。
それなのに挨拶をしなかったり、声が小さくて何を言っているのかわからなかったりすると、お店の印象が悪くなります。
それではリピーターになってもらえず、集客効果を発揮できません。
声を出すのが苦手な人は、挨拶の練習をするところから始めましょう。

常に笑顔でいること

お客さんと接する際は、笑顔を忘れないでください。
笑顔だとお客さんは気軽に話しかけられますし、自然とこちらの印象が良くなります。
店内も、明るい雰囲気に見られるでしょう。
逆に暗い顔をしていたり真顔だったりすると怖く、お客さんは近寄りがたいと感じます。
すると、スタッフとお客さんの円滑なコミュニケーションが成立しません。

仕事中に笑うことが苦手な人は、楽しいことを思い浮かべてください。
それなら、自然に笑顔になれると思います。
そして笑顔と挨拶は、セットだと理解しましょう。
どちらも接客の基本で、欠けているとお客さんに不快な印象を与えます。
集客できずに逆の効果を発揮してしまうので、店内の接客態度を見直しましょう。