>

馴れ馴れしく話さない

この記事をシェアする

敬語を使って話そう

基本的にお店で働くスタッフはお客さんに対して、丁寧な言葉遣いをしなければいけません。
砕けた口調ではお客さんを不快にさせたり、業務に真面目でないという印象を与えたりする危険性があります。
最低限の敬語を理解した上で、お客さんに接しましょう。
しかしあまりにも丁寧な敬語だと、それも変に見られます。

何事もやりすぎはいけないので、人と会話をする時に必要な敬語をまずは勉強する必要があります。
例えばお客さんが商品を買ってくれた時はお礼を述べて、お客さんを待たせる際は少々お待ちくださいという言葉を使ってください。
待たせる時間が短時間でも、お客さんを待たせること自体が失礼なので、丁寧な言葉で断りを入れるのが正しい接客です。

マナー講師を呼ぼう

全員が正しい接客や敬語の知識を習得できるように、研修を行うのが最も良い方法です。
その時はマナー講師といった、専門的な知識を豊富に持った人を外部から呼んでください。
スタッフの中には自分は敬語を正しく使えると思う人がいるかもしれませんが、実は間違っていることがあります。
敬語は奥が深いものですし、普段は聞き慣れない言葉もたくさん存在します。

さらに、敬語を改めて勉強する機会は人生の中で少ないです。
これまでは学校で少し習った程度で、後は感覚で敬語を使っていた人もいるのではないでしょうか。
そのような人をそのままお店に立たせて、接客させるのは不安です。
間違った接客をしてお客さんを不快にさせる前に、研修を実施しましょう。